マンション売却 仲介手数料

マンションの売却は自身で行うことも可能です。しかしマンションの購入者を見つけるために幅広く募集を行ったり、購入者が見つかったときに価格等の交渉を行ったり、売買契約を交わすときの契約手続きなどをすべて行うことが難しいことでしょう。

そのためマンション売却など、不動産の売買に関しては、多くの人が不動産会社に依頼しています。
不動産会社にマンション売却を依頼するときにかかるのが仲介手数料です。仲介手数料とは、マンション売却にあたって購入者を見つけるためにマンションの広告を行ったり、売主と買主の間に入って交渉を薦めたり、売買契約にあたっての契約作業を不動産会社がサポートすることに対しての手数料です。

仲介定数量は成功報酬のため、マンション売却が成約しない場合は発生せず、マンション売却が成約したときに、不動産会社に支払います。

仲介手数料は、宅建業法という法律によって上限金額が決められており、売買価格が200万円以下だった場合は、売却価格の5%+消費税となり、売却価格が400万円以上だった場合は3%+6万円+消費税となります。この金額はあくまでも上限のため、不動産会社によっては仲介手数料の金額を交渉することができるところもあれば、はじめから仲介手数料が安い不動産会社もあります。

仲介手数料は、マンション売却で必要となる経費の中で一番大きな金額となる費用ですから、不動産会社に依頼してマンション売却を行う場合は、あらかじめ確認しておきましょう。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|