マンション売却 手数料

マンション売却というと、数千万円といった大きなお金が動くだけでなく、手数料や引っ越し費用などの細かい出費もあります。それらの細かい出費もまとめるとそれなりの金額になるため、マンション売却にあたってかかる費用についてあらかじめ確認しておいた方がよいでしょう。

様々な諸経費の中で、一番高額となるのが、不動産会社に支払う仲介手数料です。仲介手数料は不動産会社の主な収益となるもので、マンションの売却にあたって、マンションの募集広告を行ったり、売主と買主の間に入って意見の調整を行ったり、契約に伴う作業の手数料として不動産会社に支払うものです。

仲介手数料の金額は、マンション売却での売却費用によって異なり、売却価格が200万円以下の場合は、却価格の5%+消費税となり、売却価格が400万円以上の場合は3%+6万円+消費税となります。

この仲介手数料は宅建業法という法律によって決められており、手数料の金額はあくまでも上限のため、不動産会社に交渉することによって、仲介手数料を割引することも可能です。

なお、不動産会社から、募集方法によっては追加の広告費を請求される場合があります。マンション売却を急ぐためのオープンハウスなどのイベントを開催してしまったり、より幅広く募集を行うために新聞の折込みチラシを依頼した場合など、特別な販促活動を行った場合は、宣伝広告費が請求される場合があります。

マンションの広告については、実施する前に追加の費用がかかるかどうかを確認しておきましょう。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|