マンション売却時の税金

マンション売却を検討したとき、大きな税金にあわてないようにあらかじめ考えていた方がよいでしょう。

マンション売却時の税金は、譲渡所得税について確認します。譲渡所得税とは、マンションを売却したときに、そのマンションを購入したときよりも高く売ることができ、さらにその売却の金額から売却にかかった仲介手数料や印紙税等の諸経費を引いた譲渡費用にかかる税金のことです。

マンション売却をしたとき、必ず確定申告を行って税金を支払わなくてはならないというわけではなく、マンション売却時の税金は、マンション売却で利益がでたときに支払う必要があります。課税譲渡所得は譲渡価額から取得費と仲介手数料などの譲渡費用を引いて求められ、この数値がプラスのとき、所得税・住民性を支払います。

そして税金を支払う時に必要になるのが確定申告であり、確定申告のときに必要になるのが減価償却計算です。建物は年月とともに劣化して資産価値が下がります。

そのため減価償却を計算し、確定申告を行うことによって、譲渡損失が発生しているときは源泉徴収税額の還付を受けることができます。マンション売却時の税金では、源泉徴収税額の還付を受けることができるケースが多いため、減価償却の計算は大事です。

眼科償却費用は建物購入代金×0.9×償却率×経過年数といった数式で求められます。償却率は建物の種類によって異なり、例えば、マイホーム、セカンドハウスなどの非事業用のものの場合0.015、賃貸マンションの場合は0.22になります。





|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|