マンション売却 税金

マンションなどの不動産を売却したとき、売り上げ利益が発生した場合は確定申告を行って税金を支払う必要があります。不動産を売却した場合は必ず税金を支払わなくてはならないというのではなく、マンション売却において減価償却費用控除後の取得価格より大きな金額でマンション売却ができ、売り上げ利益が生じた場合に税金を支払う必要があります。

マンションは月日が過ぎると劣化し、マンションの資産価値が下がっていきます。マンションは鉄筋コンクリート造の建物ですから、減価償却期間は47年間で、年間の償却率が0.022%となります。

例えば、2000万円で購入したマンションの場合、経過年数が10年の場合、減価償却費は、3000万円×0.022×10年=440万円になります。そしてマンション売却が1500万円の場合、売却利益は1500万円-(2000万円-440万円)=-100万円となります。

この場合、売却利益はマイナスになりますから、課税はないということになるのです。なお、厳密な減価償却計算では、建物だけでなく、建物の電気設備や空調設備、給排水設備といった付随設備、それぞれで計算をして減価償却費を計算する必要があります。

マンション売却で売却利益がプラスになっても、利益が3000万円以内であれば、特別控除の適用をうけることができます。

この場合は税金がかかりませんが、特別控除の適用をうけるには住居用マンションとして使用しており3年前まで住んでいたなどのいくつかの条件があり、その条件を満たす必要があります。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|