マンション売却 期間

マンション売却を考えたとき、どのくらいの期間でマンションが売れるのか気になるところです。一般的には不動産会社にマンション売却を依頼したとき、マンションを売り出して3~4か月くらいの期間の間に購入希望者が現れ、売買契約となるのが平均的といわれています。

売薬契約を結んでも、実際に売却代金を受け取って、マンションを引き渡すのに1~2か月といった時間がかかるため、完全に売却するには4~6か月くらいの期間がかかります。

しかしこの期間はあくまでも平均的な期間で、マンションが売れる期間は最寄駅、最寄駅からの距離、面積、築年数、間取りといったマンションの条件、そして周辺地域、立地条件など、マンションの条件によって全く異なります。

募集を行ってすぐに購入希望者があるマンションもあれば、不動産会社に依頼して特別に広告を出してもなかなか購入希望者が出てこず、売れ残ってしまうマンションもあります。

マンション売却の期間はマンションの条件以外に、利用する不動産会社によっても異なります。マンション購入希望者が多い不動産会社と媒介契約を結んでマンション売却を依頼すれば、それだけ募集が幅広く行われるため、早く購入希望者が見つかる可能性が高くなります。

またマンションの売却価格によっても期間が大きく異なります。売出価格が相場より高いとなかなか購入希望者が集まりにくくなりますが、売出価格が相場より安いと購入希望者が見つかりやすくなります。
またマンション売却の時期も売却する期間に影響します。春先など、転居が多い時期にマンション売却を行うと、購入希望者が早く表れやすくなります。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|